ブログblog

瀬織津姫を訪ねて

こんにちは おうち道場 こころ色の天翔です。

詳しくは記述できませんが、

一年に及ぶ、お知らせに戸惑い、迷い。

やっと辿り着いた先・・・・・祓の神 せおりつひめ。

弁財天さまでもある・・・・・。

ご縁に感謝しながら、お会いするのを・・・すべて必然。

アニメ『君の名は』を見てみたり笑

いくつものお言葉を繫げながら、

それは・・あるところに繋がったことから・・・始まった✨

 

 

祭神名は六甲の山名の変遷とともに変わってきたようである。六甲山は江戸時代以前には武庫という漢字があてられ、むこうやま、むこやまと呼ばれ、さらに古くは、賀茂真淵の『冠辞考』 あまざかるの項に記されているように、向かつ峰の名が伝わるので、祭神名は当初はむかつひめと呼ばれ、近世まではむこうひめとよばれていたと思われる。六甲山全山は、かつて西宮市廣田神社の社領であり[1]廣田神社祭神、撞賢木厳魂天疎向津姫(つきさかきいつのみたまあまさかるむかつひめ またの名瀬織津姫)と六甲山の旧名の向かつ峰の名称が一致する。

                  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

 

  毘沙門天が紫の紫色の雲に乗り降り立ったと言われる・・・・・・・・・。

ブログ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

ブログ一覧へ