ブログblog

不思議な夢体験  第二章

これは・・中学生時代のことです。

子供からすこ~~し大人になったような。数十年前、5駅ほどのところでした。

初めてのお買いものにウキウキ😍😃と従妹と行ったのです。

気に入った洋服を手に電車に乗り、帰る🚃車内の出来事です。

ふっと斜め前のながい席にポツリと・・・・・・・男の子👦が。小学二、三年生くらいでしょうか?

それは・・一緒に行った従妹の弟・・私のいとこになります。

まぎれもなく・・・・そっくり!!!!!!!!

えっ?お姉ちゃんここにいるのに全くこちらを見向きもしない。

肘でつつき合いながら、『〇〇ちがう??』『いや・・そうやろ』『声かけてみようか』『あんた、お姉ちゃんやのに、わからんの?』などなど。。。。。。

そうや!!

私たちが降りる駅になったら、降りたらたぶんそうや!!!

駅に着き、ドアが開き・・・・閉まった・・・・・。

降りてこない・・・・・。車内を見ると座ってる・・・・。

改札口に向かう私には・・・踏切の音が・・・カンカンカン。。警報音も

周りのざわつきも、人もしっかりいました。

なんで??降りない?違ったのか・・・?あまりにそっくりだった。

今思うとこの出来事は従妹と体験していたはず。。。だった。。。。。

それから、何年たったのだろうか・・・。

従妹のあの弟が突然にこの世を去った。突然に・・・・・。

17歳・・・あまりにも😭突然だった。脳溢血?病名ははっきりわかりません。

可愛い子でした。これからもっとかっこよくなるのに涙。

私はあの出来事を思い出していました。あの子はやっぱり・・従弟だったんだ・・。

電車に乗って行ってしまった・・・・。

忘れることはありません。あのできごとも・・・・・。

ところが・・・先日ほんとに先日・・従弟に電話でこの話をしたんです。

○○に似た子と会ったよな電車で。。。もうだれかを見たくない・・・。

従妹は?????なに?そんなこと・・・私は聞いてないよ・・・・。

何言ってんの?????

う・うそだろ😱。。。。言ったよな。。。忘れてるんやろ?????

確認することなく電話を切った・・・・・・・。

夢やったのか・・・ずっと現実だと思ってた・・・。

鮮明に覚えている。。。。

けど 冷静に考えれば小学生が一人で電車に乗らないよね。

こちらを見向きもしないで一点を見つめてた・・・・ひざの上に手を置いて。

出ていく電車内も確認した。踏切もみた。遮断機もみた。警報音も聞いた。

そういえば・・・微動だにしていなかった・・・な。

帰り道で従妹にめっちゃ似てたよ~~あんなに似てる子ってやっぱりいるんやね!!!

と話したことも・・・・。

夢だったのか・・・。けれども・・その従弟は突然に数年後亡くなってしまった。

私に知らせていたのか・・・・そうだったらごめんよ。

電車のことは・・・もう確認しないでおこうと今現在思っています。 

余りにもはっきりした体験だったけど・・・。

亡くなったその後・・・またその従弟から・・数年後に・・ある知らせがあったのです。

それこそ・・・現実に起こった出来事だったのです。

それは・・・・また・・いつか・・おはなししましょう。

ブログ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

ブログ一覧へ